私のバイナリーオプションの知識をまとめてみた。


バイナリーオプションに鉄板手法はありません。

 ただ、知識を得といて損はしないはず。

で、、、

僕が今までバイナリーオプションをやってきて見つけた、「勝ちやすいポイント」を1ページにまとめた「虎の巻」みたいな記事を書いてみようということになりました。


<Binary Options Broker>




僕も相場の世界ではまだまだひよっこです。

でも、初心者の方に僕の拙い知識をできるだけ分かりやすいよう書いていくので是非読んでみてください。

でもですね、常時為替相場で勝つなんてことを目指すにはとんでもなく莫大な知識が要ります。

なので、この記事を読んだからって簡単に勝てるようになるわけじゃありません。

なぜなら為替相場は生き物で、少しの知識で先をよめるような簡単なものじゃないからです。

そんな莫大な知識を得るなんてことは所詮無理。

ならば、少しの知識で勝てそうな相場になるまで待つしかない。

そう常時勝とうと思わず、少しの知識を活かせる相場になるまで待つしかないんです。

でも、この「待つ」っていうのがなかなかできない。

僕も未だにできません。

また、チャンスがきたらガンガン賭ける勇気も必要。

少ない知識しかないのなら、勝てそうなポイントだなって思えるところは当然少ないはず。

ならば、その少ないチャンスで思いっきり行く勇気を持たないといつまでたっても勝てるようになりません。

僕も未だにその勇気が持てません。

結局ですね、、、

僕がこれから紹介する「勝ちやすいポイント」も、トレードする人によって勝てたり負けたりするんです。

そう、結局バイナリーオプションはメンタル。

「チャンスまで待つ我慢強さ」と「チャンスにガンガンいける勇気」を持てなければトータルでは勝てません。

そのことを頭に入れて下記の文を読んでください。

よろしくお願いします。

注:最近体調悪く、ブログ更新がなかなかできません。
この記事も薬を飲んだ後の覚醒状態を利用して書いてます。
なので、しばらく日々の更新ができないかもしれないので、この記事でまとめていっぱい書いてきます。
非常に長い記事になると思いますんでスミマセン。


バイナリーオプション虎の巻1
レンジかトレンドか区別するべし!


バイナリーオプションには「順張り」と「逆張り」という賭け方があります。

「順張り」ってのは勢いよく上がっていったり、下がっていったりしている時の流れに乗っかってエントリーすること。

「逆張り」ってのはこれ以上上がらないだろう、下がらないだろうと予測し折り返すポイントでエントリーすること。

まぁ、順張り・逆張りの定義ってのは人それぞれなんですが、ここではそう理解しておいてください。

で、バイナリーオプションで勝つにはこの「順張り」と「逆張り」を上手く使い分ける必要があるんですが、当たり前の話でレンジ相場では「逆張り」を用い、トレンド相場では「順張り」を使うことになります。

ただ、初心者の方は今が「レンジ」なのか「トレンド」なのかわからず、さっきまで逆張りで勝っていたからといって、トレンドに相場が変わったことに気づかず逆張りし続けてしまったりします。

このパターンがバイナリーオプションで一気に残高を減らす一番多いパターンなので注意してください。

では、どのような時に「レンジ」になるのか、どのような時に「トレンド」になるのかを理解しておきましょう。

レンジ相場になる時って?



特にドル円なんかがそうなのですが、相場の8割はレンジ相場って世間では言われています。

ただですね、それは1日単位とか短くても1時間単位の話で、1分とか5分とかの単位では「トレンドは多くおきている。」って思ってもいいんです。

まぁ、トレンドって言っていいかはわかりませんが、言い換えれば「為替相場にはほとんど流れがおきている」って思っていいと思います。

ただ、1分足とかで「陰線・陽線・陰線・陽線・・・・・・」と繰り返すような相場ってありますよね。

これって、つまりは相場が迷っている状態で、FXトレードしている人たちが流れを見失った状態なんです。

で、このレンジ状態になる時っていうのはどんな時かっていうと、「上がっていたのに止まった時」、「下がっていたのに止まった時」なんです。

バイナリーオプション,レンジ相場とは

上のチャートはドル円の5分足ですが、下降トレンド後にレンジになっているのがお分かりになると思います。

だいたいですが、相場っていうのはこれの繰り返しで、レンジを抜けると、、、

バイナリーオプション,レンジ相場とは2

ズドーンって動くってことがよ~くあります。

で、ズドーンと下がったり、バイーンと上がったあとはまたレンジ。

なので、レンジになる時ってのは「相場が大きく動いた後」って解釈しといていいと思います。

なので、レンジ相場での逆張りを専門にやられる方は、単純に、、、

・レンジの上の方でLOW。

・レンジの下の方でHIGH。

・レンジを抜けたら静観する。

これでいいんですよね。

トレンド相場になる時って?



みなさんもチャート見て、「こっからず~と上がってんじゃん、、ここらでHIGHエントリーしとけば何回勝ってたんだろう?」って思うことありません?

そう、トレンドっていうのは後になって気づくもの。

言い換えれば「出来上がってから気づく」なんです。

で、トレンドに気づいてから波に乗っかろうと思ってもとき既に遅しで、さっきまでガンガン上がってたのに、自分がエントリーした途端に上がってくれないなんてことがよくあります。

FXの世界なんかではトレンドが出たことに一早く気づく人が大きく勝てるわけで、このトレンドの発生を誰よりも早く掴むため、皆さん血眼になってチャートを凝視しているわけです。

ただ、FXを何十年もやってる人でさえ、トレンド発生の初動を掴めるのは10%ぐらいだっていいます。

そう、トレンドが出たってことに気づくのはそれほど難しいことなんです。

ただですね、

「トレンド⇒レンジ⇒トレンド⇒レンジ⇒トレンド」

ってことを相場は繰り返しているのですから、トレンドってのはレンジを抜けた時って単純に思えばいいわけなんですよ。

みなさんもチャートで見たことありませんか?

ず~と横横の相場で「いったいどっちやねん!」って思ってたのに、ある1本の長いローソク足をきっかけにどんどん上がってったり、下がってったり相場がしだしたりするのを。

バイナリーオプション,トレンド相場とは

 上のチャートはドル円の5分足ですが、黄色い枠のレンジを1本の長い陰線(赤マルのところ)をきっかけにズドーンと下がって行っていますよね。

この長い陰線を僕は「決着足」って呼んでるんですが、このローソク足の実態は、、、

ファンドとかみたいな為替で儲けてるやつらの「仕掛け」なんです。

そう、為替がどっちに動くのかを予測してトレードするのではなく、自分たちのお金で相場を動かしてしまう連中の「仕掛け」です。

為替レートを動かすのっていうのは、株とか比べもんにならないくらいの大金が要ります。

まぁ、レバレッジっていうのがあるから多少は安くなるんですが、それでも莫大な金なわけです。

そんな大金をファンドとかは使って仕掛けるんですから失敗は許されないわけで、それこそ命懸けで仕掛けるわけです。

こういう仕掛けのやり方って、上のチャートでいうと、大金かけてドルを売り、まず「決着足」を1本作ってレンジをブレイクさせ、そのあと「買い方」の様子を見て、少し上がったところでもう1発ドル売りをします。

そうすることで、レンジ内でドルを買ってた人やレンジの中に戻そうとドルを勝った人の損切りが入ってきます。

また、レンジ内でドルを売ってた人たちはレンジを下抜けたことで、さらに売り増しをしたりします。

こうなると、あとは下がるしかないわけで、ファンド連中がご満足するまで下落トレンドは続いてしまうわけです。

為替相場ってのはですね、1年とかの長い目で見ればその国の情勢とか世界情勢とかで動いているんですけど、一日単位ぐらいで見ればほとんどこの「仕掛け」で動いているんですね。

「なんかキッタね~な!」

なんて思いますよね。

でも、為替相場ってそれが現実なんですよね。

ただ、ファンド連中は「命懸けで仕掛ける」わけですから、逆に考えればそれほど信用できるものはないわけです。

なので、「決着足」っていうのは、我々個人トレーダーも乗っかってみる価値が十分あるんです。

たまにファンド連中の仕掛けも失敗することはあります。

でも、移動平均線がどうのこうのとか、RSIがどうのこうのとかのサインなんかよりよっぽど乗っかってみる価値があると思いませんか?

結論を言いますと、トレンド発生の早期発見は、レンジを抜けようとする、、、

「命懸けの決着足」

を見つけるのがいいと思います。

あとは、トレンド方向にエントリーし続ければいいわけです。

バイナリーオプション虎の巻2
エントリー方向の決定!


先ほどの章で、、、、

「レンジ相場は逆張り!」

「トレンド中は順張り!」

ということを理解して頂いたと思いますが、「トレンド中の順張り」は当然トレンドが出ている方向に賭ければいいわけです。

ただ、レンジ相場での逆張りは「HIGH狙い」にするか、「LOW狙い」にするか悩むところです。

まぁ、上手い人はどっちも獲りにいくのですが、初心者の方はどっちかを狙ったほうが無難です。

僕の場合はですね、「レンジになったな!」って思ったらその前のトレンド相場を見ます。

で、そのトレンドが下降トレンドだったら「HIGH」側で、上昇トレンドだったら「LOW」側でなるべくエントリーするようにしています。

これなぜかっていうと、僕が今まで見てきたチャート感ですが、下降トレンド後のレンジは陽線の本数が比較的多くなり、上昇トレンド後のレンジは陰線の本数が比較的多くなるからです。

バイナリーオプション,レンジ相場でのエントリー方向


最近はですね、例えば下降トレンドのあとのレンジだったら陰線が2~3本出たら「HIGH」みたいな単純な根拠のエントリーをしてます。

あっ、これ1分取引での話ですけどね。

あとですね、バイナリーオプションの場合は勝つには何pipsもエントリー側に動く必要はないんで、陰線が多く出てるか、陽線が多く出てるかが大事なんで、それを非常に気にしてます。

その見方なんですが、同じ値幅を陰線は何本で動いたか、陽線は何本で動いたかを見るんです。

例えばさっきのチャートを拡大して説明すると、、、

バイナリーオプション,レンジ相場でのエントリー方向2

上のチャートをご覧いただければわかるように、上がる時はジリジリと、下がる時は一気に下げてますよね。

約11分かけて上げた値幅をたった1分で下げてしまっているんです。

これって、判定時間のあるバイナリーオプションでは「HIGH」側が圧倒的に有利です。

下げの勢いの方が強そうだから「LOW」側にエントリーした方が勝ち易いんでは?なんて思いますが、黄色の四角の枠の中では、「HIGH」に賭け続ければ8勝1敗で、「LOW」に賭け続ければ1勝8敗ですよね。

こういうのがレンジ相場での勝ち方の重要なポイントだったりするんです。

地味で単純な作業ですが、陰線が多いのか、陽線が多く出てるのかを把握するのはとっても大事なことです。

これはFXの勝ち方と全く逆になります。

それとですね、このトレンド終了後のレンジ相場ではボリンジャーバンドなんかを表示させておいて、ボリンジャーバンドの1~2シグマの間では「HIGH」エントリーしない、また、-1~2シグマの間では「LOW」エントリーしないなんてルールも用意しとくといいかもです。

ボリンジャーの期間は25にしてます。(時々変えますが、基本は25にしてます。)

必ず上位足を見て今の相場状態を確認する!


バイナリーオプション,レンジ相場にもいろいろある!
上のチャートはドル円1分足ですが、皆さんはこの相場どうお感じになられますか?

一見すると、上下のトレンドが発生しているように思えますが、15分足を見てみると、、、

バイナリーオプション,レンジ相場にもいろいろある!2

単なるレンジ部分なんですよね。

(黄色い縦線の部分です。)

レンジ相場っていうのは、レンジの値幅も重要なんですが、レンジの時間幅も重要です。

東京時間や欧州時間は比較的5分幅のレンジ相場を作りやすくって、NY時間になると15分幅のレンジ相場になりやすかったりします。(あくまで傾向ですよ。)

1分取引きや3分取引きのトレードでも、必ず上位足を見て、今はどの時間足ベースで動いているのかを確認することはとっても重要なんですよね。

かくいう私も、最近スカイプ塾のシステムの関係でPCモニターの数を減らしてから勝率が極端に悪くなってしまったのです。

これは上位足の確認作業を怠っていたからだと思います。

人生と同じで相場も大きな目で見ないと真実が見えてこないのですね。

バイナリーオプション虎の巻3
具体的なエントリーポイント!



それでは、僕が今考えつくバイナリーオプションでのエントリーポイントをご紹介していきたいと思います。

でも、最初にご理解していただきたいのは、前の章の内容をちゃんと理解した上で使うということと、ご自分での検証作業を必ずやってから実戦に使って欲しいということです。

あっ、そうそう、、エントリーチャンスってですね、いろ~んなパターンがあるんで一度には書ききれないんです。

なので、今日一日では書ききれないから、思い出す度、気づいた度、随時この記事で追加していきますんで宜しくお願いします。

なので、この記事は日を追うごとに長くなっていくと思います。

バイナリーオプション エントリーポイント1
実体よりも長いヒゲのローソク足出現を待つ!


ローソク足のヒゲの意味って、、、

「押し戻された!」

ってことです。

人間敵地に押し入った時、少し押し戻されたって怯みませんが、押し入った分の半分以上押し戻されればビビりますよね。

相場は人間が動かしているので同じことが言えるんです。

これをチャートで表すとですね、下記の図みたいになるんです。

バイナリーオプション,具体的エントリーポイント1-1

で、ですね、、、お薦めなのはこういう時の逆張りエントリーです。

でも、長い上ヒゲのローソク足が出たからってすぐ逆張りしちゃダメ。

すぐ逆ばっていい時もあるんですが、もう1本ローソク見た方が無難です。

次のローソク足が前のローソク足の高値を超えなかったら初めて逆張りを考えるんです。

バイナリーオプション,具体的エントリーポイント1-2

理想は右の方みたいに上ヒゲの陰線の方ですね。

実際のチャートで見てみると下記の黄色いマル部分のようになります。

バイナリーオプション,具体的エントリーポイント1-3

このパターンはバイナリーの逆張りで基本的なものかも。

上位足でレンジ相場なのを確認して下さい。

強いトレンドが出てると裏切られます。


バイナリーオプション エントリーポイント2
トレンド後のボリンジャーバンド2.-2シグマタッチ!


ボリンジャーバンドの2.-2シグマタッチの逆張りは無暗にやるとハマるのですが、タッチする前の動きをよく見ると勝てる確率が上がってきたりします。

お薦めの取引時間は3分取引きで、1分取引きよりも筆者の経験では勝率が上がる感じがしています。

通常ボリンジャーバンドの逆張りはレンジ相場で使われることが多く、エントリーチャンスも非常に多い。

ただ、エントリーした途端にレンジブレイクなんてことも頻繁にありますし、初心者の方にとっては今がレンジ相場なのかを見極めること自体難しいことですよね。

今回の手法はですね、、、

・下降トレンド後のボリンジャーバンド2シグマタッチでLOWエントリー

・上昇トレンド後のボリンジャーバンド-2シグマタッチでHIGHエントリー

になります。

チャートで説明しますと下のようになります。

バイナリーオプション,具体的エントリーポイント2-1

上昇トレンド後の場合は、、、

バイナリーオプション,具体的エントリーポイント2-2

あっ、僕の場合ボリンジャーバンドの期間は25にしています。

それとチャートは1分足です。

注意して欲しいのは、トレンドってのは山と谷を作りながらどっちかの方向に向かっていくのですが、山と谷の位置をちゃんと確認しながらトレードするってことです。

下のチャートを見て下さい。

バイナリーオプション,具体的エントリーポイント2-3

 赤い①と②のところは、何れも上昇後の-2シグマタッチですが、違うのは①は前の谷よりも下の位置でタッチしていて、②は上の位置で-2シグマにタッチしているところです。

こういうところをチェックしながらボリンジャータッチでエントリーすると精度が上がってきますので、ぜひ注意してみて下さい。

また、良さげなエントリーポイント書いてきますね。
たまにこの記事をチェックしていただけたら幸いです。


*ブログ村に変えました。
応援クリックお願いします。

あなたのクリックが、アフィリブログから初心者を守ります! 


<ブログ村バイナリーオプション参加中!!>

下のバナーをポチッとしていただけたら幸いです。

にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ
にほんブログ村 


<僕が使っているバイナリーオプション業者は!>