バイナリーオプションVENT手法とは!

*土曜日、勉強したい方もいらっしゃると思うので記事途中ながら更新しています。
随時更新していくので、追いかけてってください。



今までのトレード動画で使いまくってた50%フィボ。

この50%フィボを使っての手法なのですが、「なんかかっこいい名前ないかなぁ~?」ってずっと思ってたんです。

でですね、この前50%フィボの内訳は株価などの目標値計算である、、、

・V計算

・E計算

・N計算

を元にしたものであることを動画で説明しましたね。

でね、、、、

<Binary Options Broker>



今回はそれに、(N)T計算ってのも加えて説明していくんで「バイナリーオプションVENT」手法と呼ぶことにしました。

「エッ! 計算? 私数学苦手だったのよ、、、」

なんて思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、計算なんてする必要はないし計算機もいらないのでご安心ください。

でもね、さっき「VENT」の意味調べてみたら「鳥類、爬虫類などの肛門」って意味らしい。

「ゲッ、かっちょ悪いではないですか!」

まぁ、いいか、、、僕っぽくて、、、。

バイナリーオプションVENT手法を知る前に知っておいて欲しい基本的なこと!


今回の手法を勉強する前に知っておいて欲しいことがあります。

為替相場を知る上で基本的なことですから、ぜひ理解してくださいね。

為替相場は相関関係、何かが上がれば何かが下がる!


為替ってですね、株とかと違ってアメリカの株が上がれば日本の株も上がる、とか、IT系の株が軒並み上がるみたいな「みんな上がる、みんな下がる」ってことはないんです。

何かの通貨が上がれば何かの通貨が下がっているのです。

イメージ的にはですね、いろんな通貨がお互いの足を引っ張り合ってるって感じです。

ここでは詳しく説明しませんが、よく聞く言葉で「トレンド」ってのがあるでしょ。

これって「何かが上がってて何かが下がってる」状態なんです。

例えばね、ドル円が上がってるとするでしょ、いわゆる上昇トレンドってやつです。

でもね、その時にユーロドルとかポンドドルとかドル絡みの通貨ペアが下がってなければ本当のトレンドじゃないんです。

FXとかやってる初心者の人達もね、ドル円とかユーロドルとか一つの通貨ペアしか見てないでトレンドを確認するから裏切られたりするんです。

「よ~し、上昇トレンドだぁ~!」

なんて思ってエントリーした途端に折り返し始めて、、

「あれ~。」

なんてことになったりするんです。

つまりはね、順張りするんでも逆張りするんでも最低限3つくらいの通貨ペアは一緒に見てて欲しいのです。

僕はね、ユーロドル、ドル円、ユーロ円の3つは必ずいつも見てます。

バイナリーオプション,相場は相関関係

利確、損切りは新たに売り買いするのと同じなのを理解しよう!


ドル円を買ってた人が「損切り」するってことはどういうことでしょう?

これはね、「売る」ってことなんです。

例えばね、120円でドル円を買ってた人が110円になっちゃって、、、

「もう耐えられましぇ~ん、、、。」

って損切りするでしょ、これはね、新たに売るのと同じことなんですよ。

それとね、ドル円を買ってた人が「利確」するってどういうことでしょう?

これもね、「売る」ってことです。

例えばね、115円でドル円を買ってた人が120円になったので、、

「よ~し、儲かったぁ~!」

って利確するでしょ、これもね、新たに売るのと同じことなんです。

通貨の取り引きは基本「両替」なんです。

売り買いしてる人が儲かろうが損しようが関係なくて、「利確、損切り」するときは新たに両替するのと同じことなんです。

相場が大きく動く裏側には損切りあり!
相場の流れが変わる裏には利確あり!


皆さんもチャート見てて、もうかなり下がっているのに、、、、

「エ~、まだ下げるの~」

って思ったことないですか?

これは「買ってた人の損切り」が入るからなんです。

つまりね、買ってた人が、、、

「もう耐えられましぇ~ん(涙)」

って損切りするからさらに下がっていくんです。

為替相場が大きく動く時は、この「損切り」によるところが大きくて、逆に損切りが入らないと大きく動かないといっていい。

またね、「人が損切りするのを狙う」っていう輩もいるわけです。

それをね、いわゆる「仕掛け」っていうんです。

あとね、誰だって「安く買いたい、高く売りたい」ってのが心情ですよね。

でもね、為替って「売ってくれる人がいないと買えない、買ってくれる人がいないと売れない」のです。

例えばね、2016.02.27の時点で、ドル円が100円になっちゃったら買いたい人はいっぱい出てくるでしょ。

でもね、売ってくれる人がいなければ買えないわけです。

だから、ドル円売ってる人が「もう充分儲かったぜ~、そろそろ利確するか!」ってならなけらば相場に買いが入らないわけです。

でね、売ってた人が利確するってことは買うってことでしょ。

だからね、今度は相場は上がりだすんです。

つまりね、相場が折り返す(トレンド転換)ってことは利確が入るってことなんです。

ココまでは理解できたでしょうか?


上で説明したことは今回の手法説明には直接関係ないのですが、わかっておかなければ今回の手法の意味がわからないのです。

今回の「バイナリーオプションVENT手法」は上で説明した「利確」が入るポイントを探るやり方です。

また、狙ったエントリーポイントの近くに「損切り」が入りそうなところがある場合エントリーを見送るってことも勘案しなければなりません。

なので、最初に理解して欲しかったのです。

バイナリーオプションをやるにもFXをやるにも、上で書いたことは知ってて損はないし、逆に、知っておかなければ相場なんて理解できません。

僕はですね、どんな手法も「相場が動く基本」を知っておかなければ使いこなせないって思ってるんです。

それを知らないから「この手法はダメだ。」、「この教材高いけど良さそうだな~」なんて思って無駄な時間とお金を浪費しちゃう。

「相場が動く基本」っていうのは何かというとですね、「売り買いしている人の心理」なんです。

「エッ、心理、、、難しそう、、」

なんて思うかもしれないけど、じつは簡単で、、、

「もう耐えられましぇ~ん」

と、、、

「よ~し、儲かったぁ~」

だけなんです。

チャート見てるときにですね、急に上がったり下がったりしだすところあるでしょ?

そんなの見たら、「おぉ~、誰か人生(社運)かけて勝負してきたなぁ~。」

なんて目で見るんです。

そうするとね、その後のチャートの動きを見てたら、、

「コイツ儲かったなぁ~」

とか、、、

「コイツ今頃上司に怒られてるだろうなぁ~」

とか思えるようになるんです。

そういう風に見るとね、無機質に思えるチャートも面白く感じてきますよ。


バイナリーオプションVENT手法解説!


さて、そろそろ本題に入るのですが、今回の「バイナリーオプションVENT手法」は「フィボナッチのパラメーターをいじれるチャート」でなければ使えません。

無料のチャートソフトの「MT4」は完全にできるので、MT4をインストールしてない方は是非この機会にインストールしてください。

まずはチャートの設定からやっていきましょう。

もう50%フィボを使ってるという方も、再度パラメーターを確認しておいてください。

バイナリーオプションVENT手法 チャート設定!


今回の手法は、いわゆる50フィボってやつを使うのですが、フィボナッチのパラメーターを、、、

0 , 50 , 100 , 125, 150 , 175, 200 , 250 , 300 , 350 , 400 , 450 , 500

-50 , -100

に変えてください。

あと、ボリンジャーバンドも使います。

ボリンジャーバンドの設定は、、

期間⇒「21」

偏差⇒「2」

適用価格⇒「Typical Price(HL/3)」

に基本しています。

バイナリーオプション VENT手法、MT4チャート設定動画



 

バイナリーオプションVENT手法 パターン5


今回のバイナリーオプションVENT手には基本的5つのパターンがあります。

実際のトレードでは、この5つのどれが当てはまるのかを探っていくわけです。

パターンは、、、

・V200パターン

・E200パターン

・N150パターン

・T200パターン

・トレンド便乗パターン

とあります。

それでは一つづつ解説していきます。

*バイナリーオプションVENT手法 V200パターン



バイナリーオプションVENT手法Vパターン
これは僕のトレードの基本になってる「逆に行った場合は倍は見といた方がいい」につながるパターン。

今回のバイナリーオプションVENT手法の基本的なパターンです。

「下げた分の倍上がったところは注目される、目標値になる」

「上げた分の倍下がったところは注目される、目標値になる」

これね、常に意識しとくとですね、バイナリーオプションの逆張りで大切な「充分引きつけてからエントリー」ということができるようになります。

バイナリーオプション,V計算,チャート解説,ユーロ円
↑ ユーロ円5分足。

バイナリーオプション,V計算,チャート解説,ドル円15分足
↑ ドル円15分足。

これを1分足で見てみると200%ラインでは ↓
バイナリーオプション,V計算,チャート解説,ドル円1分足

ポイントなのですが、100%のラインが以前にレジサポとして機能していたか、200%まで上がる(または下がる)過程でレジサポとして機能したかが重要です。

つまりは、100%(レジサポ)のラインを基点に上下に等間隔は意識されるってことです。

あと、1分足だけ見てると、大きな足(5分とか15分)のV形成中に反対向きのVパターンを勝手に自分で想像してしまう場合があります。

大きなVを小さなVをいくつも作りながら完成させていくのが為替相場でよくあるパターン。

バイナリーオプション,V計算,チャート解説,ドル円1,5,15分足
上のチャートはドル円1分足なのですが、オレンジが15分足で見たV200%、水色が5分足で見たV200%、赤が1分足で見たV200%です。

1分足レベルでもV200%はよくできますが、でもV175%とかV250%とかV300%になってしまうこともよくあります。

なので、やっぱり信用できるのは複数の時間足の200%が重なるところです。

エントリーチャンスは減ってしまいますが、トレード精度を上げるにはマルチタイムフレーム的な考えはどうしても必要になってきます。

(現在、記事更新中、これから続きを書いていきます。)




*ブログ村に変えました。
応援クリックお願いします。

あなたのクリックが、アフィリブログから初心者を守ります!
 

<ブログ村バイナリーオプション参加中!!>

下のバナーをポチッとしていただけたら幸いです。

にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ
にほんブログ村 


<僕が使っているバイナリーオプション業者は!>