バイナリーオプションをやるにあたって、
まったくの初心者の方がやらない方がいい相場の説明。


為替相場は24時間動いています。

バイナリーオプションをやるのも24時間できる業者も多い。

でもね、そこが初心者の方にとって落とし穴だったりするんです。

為替相場ってですね、日によって、いや、時間によって性格がガラリと変わります。

なんていうんですかね、、う~んと、、、そういう為替相場の時間ごとの特徴みたいのを初心者の方にはぜひ知っておいてほしいんです。

これを知らないと僕が思うに必ず負けてしまいます。

負けてしまうというのは、1トレードのことではなく、一日、もしくは1週間トータルで負けるということです。

バイナリーオプションは少額資金から複利運用で大きく儲けるのが魅力です。

1トレードまたは1日勝ったからって一喜一憂していたのではダメなのです。

チャートの見方がわからない、相場のことがわからずしての勝利は単なる運です。

相場のことを少しでも理解してからトレードするようにしましょう。


<Binary Options Broker>




時間帯によって相場は性格が変わってしまう。


読者様からの報告で非常に多いのが、午前中、昼間は調子良かったのだけれど、夕方からボロ負けし、結局負けたというものです。

ご存知の方も多いとは思いますが、夕方からは東京市場から欧州市場に変わります。
バイナリーオプション,時間帯の注意点
上のチャートはユーロドルの5分足ですが、黄色い縦線が15:00のラインです。

見て頂ければわかるように、欧州市場が開きだす15:00から値幅が大きくなりだしています。

世界の三大市場といえば、東京・ロンドン・ニューヨーク市場です。

東京市場は9:00~17:00なのですが、株取引ができる15:00までと思っておいていいでしょう。

ロンドン市場は16:00~2:00位まで。

NY市場は22:00~翌6:00までと思っておいてください。

ただ、証券市場と為替の市場は時間が少し違います。

また、為替の市場ってのは株みたいに取引所がないので、はっきりとしたオープン・クローズの時間がないと思ってください。

で、、、、、

僕が初心者の皆さんに特に気を付けて欲しい時間帯は、15:00~17:30位までです。

ややこしいのですが、ドイツのフランクフルト市場とかは欧州市場で、同じヨーロッパでもロンドン市場とは違います。

欧州市場はロンドン市場よりも1時間早い15:00位から開きます。

でね、とにかくヤバいのがロンドン市場(時間)オープン時から約1時間半くらいなんです。

じゃぁ、何がヤバいのかを下記にて説明していきます。

(あっ、冬時間は欧米は1時間後になりますからね。)

ロンドン市場は投機筋が多い。


ロンドン時間に入るとよくですね、急に投機筋と呼ばれる輩が入ってくるんです。

この人達はですね、「為替プレイヤー」と呼ばれる人たちで、通貨売買で飯食ってる人達です。

この人達が考えてることは、「人を損させて自分が儲かる」ことなのです。

例えばですね、東京時間にドル円が緩やかな上昇をしたとするでしょ、、、

で、、東京時間にドル買った人達はこれからどうなるかわからないから、「ここまで下がったら損切りします。」っていう注文を事前に入れとくんです。

でね、この「損切りの注文」の状況を事前にロンドンの「為替プレイヤー」達が把握していると、そこを狙って仕掛けてきたりします。

つまりは売り仕掛けてくるんですが、この東京時間にドル買った人たちの損切りが入ると非常に大きく相場を動かすんです。

例えばですね、ロンドン時間に入った時点でドル円が108.50だったとするでしょ。

でね、東京時間にドル円買った人の損切り注文が108.20とか108.10、または108.00などに入ってたとします。

その場合、ロンドンの為替プレイヤーは最初の損切りラインである108.20まで強引に売り込むんです。

で、108.20まで下がると最初の損切りが入ります。

損切りが入るということは買ってた人が売ることになっちゃうから更に下がっていき、今度は108.10の損切りが引っかかります。

そうすると今度は先ほどと同様更に下がっていき、今度は108.00の損切りが引っかかります。

このように、ロンドンの為替プレイヤーは108.50から108.20まで強引に下げることで、そこからは勝手に下がっていってくれるので大儲けできるわけです。

まぁ、実際はそんなに上手くいかない場合もあるのですが、こういう「損切りが更なる損切りを生む」ことは為替相場ではよくあることで、特にロンドン時間オープンから1時間半くらいによく起こります。
バイナリーオプション,ロンドン時間
このロンドン時間オープニングも慣れてしまえば、50%フィボとか使うと逆に勝ち易くなったりするんですが、そういう裏側を初心者の方は知らないので、グングン下がっていく、グングン上がっていく相場で逆張りをひたすら繰り返しご臨終しちゃったりするんです。

とにかくですね、「ロンドン時間オープニングはヤバイ!」って意識さえあればそういうこともなくなるはずだから頭に入れておいてくださいね。
バイナリーオプション,欧州時間,ロンドン時間,攻防
上のチャートは2016.06.09のドル円1分足チャートですが、この場合は15:00(欧州市場オープン)からの上昇がロンドンのプレイヤーに食われた例。

上昇分の倍下がったところで一旦ロンドン勢の利食いが入ってます。

こういうやり取りがあることを知っていれば、、、
バイナリーオプション,欧州時間,ロンドン時間,攻防2
こんな風に勝てたりします。

初心者の方は、ロンドン時間のオープニングをまずは避けるようにしましょう。

やるのはチャートを数か月は見て、慣れてきてからとかにしておいた方が良策といえるかもしれません。

経済指標発表の前は注意が必要!


いくら初心者とはいえ、その日バイナリーオプションを始める前には、その日の経済指標の時間割くらいはチェックして欲しい。

経済指標は相場が大きく動くものもありますし、大して動かないものもあります。

でも、当然、経済指標発表時間はどっちに動くかわからないのだからやるべきではありません。

それと、、、、

重要経済指標発表の前ってのもヒジョーにランダムな動きをしがちなのでよろしくないのです。

重要経済指標ってのは、アメリカの雇用統計や、各国のGDPなどです。

あと、経済指標ではないのですが、各国の政策金利発表や、FRB、ECB,FOMCなどの議長会見なんかも注意したいところです。

とにかく、その手の経済指標や政策金利の発表、議長の会見などの前は方向感がない相場になりやすいのです。

本当にどっちに行くかわからないですから、、、。

比較的、東京時間は日銀の政策金利発表の日以外は大丈夫なのですが、重要指標発表を控えた欧州・ロンドン時間とかはキビシイです。

案外ですね、発表後は不思議と素直な動きになることが多くて、ライントレードなんかも決まりやすかったりします。

重要経済指標発表がある日にですね、「やめておいた方がいいかな~?」、「やっても大丈夫かな~?」を判断するには、1分足や5分足見て、上下にヒゲがあるローソク足がたくさん出てるな!って感じたらやめておいた方がいいです。

上下にヒゲのあるローソク足が連発している時にトレードしてしまうと、いわゆる「マクリ負け!」ってやつをくらいまくってしまいます。

やるなとは言いません、、でも、重要経済指標の発表がある日はそういう傾向があるってことを意識してトレードするだけでも成績は違ってくるはずです。

東京の仲値、欧州時間のロンドンフィキシング!


9:55に日本は仲値ってのが決定するのは皆さんご存知ですよね。

この仲値ってのは、その日一日を通して、銀行などが外貨の両替をする時に用いる値段になります。

わかりづらいのですが、為替相場は一日中動いているのですが、銀行などでの外貨両替は仲値で統一してやるんです。

この仲値ってのが決まるのが9:55で、その時のインターバンクのレートが用いられます。

ただね、この仲値を巡って、いろいろな思惑が仕掛けをしてくるんですよ。

銀行は9:55前にドルをいっぱい買って仲値を釣り上げようとするし、実需勢は売りまくってドルの値段を下げようとしたりします。

東京三菱銀行と農協の仲値での攻防なんかは有名ですよね。

でね、東京市場に仲値があるように、ロンドン時間にも仲値があるんです。

ロンドン市場の仲値が決定する時間は24:00(冬時間は25:00)です。

つまりはですね、東京もロンドンも仲値前は仕掛けが入りやすく、仲値が決定した後に急に折り返したりすることがあるんです。

上がるか下がるかは、その日の状況次第。

その日、銀行の顧客からドルの注文がいっぱいあったら、釣り上げてくる可能性が出てくるし、少ししかなかったらリスクを冒してまで釣り上げてこないでしょう。

まとめ!


今回の記事は皆さん既に知っていることだったかもしれません。

ただね、上で書いた注意点を頭に入れながらバイナリーオプションをやってる人は意外と少なかったりします。

これからですね、「50%フィボの具体的な使い方」や「トレンドラインの具体的な使い方」みたいな記事をアップする予定なんだけど、今回の注意点とかを頭に入れながらトレードしてもらわないとおそらく勝てないと思うんです。

つまりね、経済指標の時間に「50%フィボの200%ラインでエントリーしたら負けました。」なんて言われても「当たり前でしょ!」としか返せないのですよ。

上で書いた注意点は僕の手法に限らず、どんな手法でトレードするんでも意識しておかなければならないんです。

厳しいこと書いちゃうと、ご自分のことを初心者だと思うなら、ロンドン時間オープニング、重要経済指標の発表前はやらないぐらいの注意深さが必要なんです。

結局その方がトータルの利益が増えたりしますから。

*ブログ村に変えました。
応援クリックお願いします。

あなたのクリックが、アフィリブログから初心者を守ります! 


<ブログ村バイナリーオプション参加中!!>

下のバナーをポチッとしていただけたら幸いです。

にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ
にほんブログ村 


<僕が使っているバイナリーオプション業者は!>