トレンドラインはどんなツールより使えるよ!


初心者の皆さんは「トレンドライン」ってご存知でしょうか?

そうです、チャートに引く「斜めの線」です。
バイナリーオプション,トレンドラインの引き方1
引き方は「高値と高値」、「安値と安値」を結ぶのが基本です。


<Binary Options Broker>



トレンドラインの優れている点は、「高値と高値」、「安値と安値」を結ぶことで、「今が上方向なのか下方向なのか!」という環境認識が簡単にできること。

トレンドラインはどんなインジケーターよりも確かで簡単に相場の方向を見極められるツールだと僕は思います。

だって、トレンドラインが「右肩上がり」か「右肩下がり」かを見ればいいだけですから。

初心者の方って、「自分でラインを引く!」ってことに自信が持てないせいか、自動的に引いてくれるインジケーターなどをどうしても信用しがちなんですが、トレンドラインは簡単に引けるはずです。

初心者の方が、バイナリーオプションをやる際に、トレンドラインはとてもいい武器になりますよ。

ぜひ、初心者の皆さんもトレンドラインをチャートに引いてみて下さい。

トレンドラインだけでなく、チャネルラインも引いてみよう!


初心者の方はチャネルラインってご存知ですか?

先ほど説明したトレンドラインを、平行に上か下に移したものですよ。
バイナリーオプション,チャネルラインの引き方1
上のチャートは6月の9日から10日にかけてのドル円5分足です。

まずはオレンジ色のマル2つをトレンドライン(オレンジ色ライン)で結びますよね。

で、青色のラインがオレンジのトレンドラインを平行に、青マルのところに移動したものです。

これがチャネルラインになります。

チャート見て頂ければわかるように、このチャネルラインは後でレジスタンスにもサポートにもなってるでしょ!

チャネルラインはですね、メッチャ使えます。

僕は以前の記事か動画で「トレンドラインはあまり信用していない」と語ったと思うんですが、チャネルの形で収まっている場合は別です。

チャネルラインの引き方


トレンドラインは引けるけど、チャネルラインの引き方がわからないという方のために説明します。

申し訳ないのですが、今回はMT4を使っていると仮定させていただきます。

操作は簡単で、まずトレンドラインが引けたら、、、、

1、トレンドライン上でダブルクリックし、ラインに3つのマルを付けます。

2、トレンドライン上にマウスポインターを持っていき、「Ctrl」を押しながらトレンドラインをドラッグ&ドロップし任意のところまで持っていきます。

3、コピーしたラインが自分が思っていたところに引けなかった場合は、コピーラインをダブルクリックして3つのマルを出し、真ん中のマルをドラッグ&ドロップして移動させます。

MT4には最初からチャネルラインが引ける機能もあるのですが、上記のやり方の方が便利ですし、チャネルラインは1本だけでなく数本引いたりすることもありますのでお薦めです。

トレンドラインはヒゲ? それとも実体? どっちに引くの?


読者様からの質問で、、、

「ラインはヒゲに引くのですか? それともローソクの実体に引くのですか?」

というのを多く頂きますが、トレンドラインに限ってはヒゲで良いと思います。

でもね、よく初心者の方が多く間違うのが、「ライン上でドンピシャに折り返してないと効いてない!」と思ってしまうこと。

例えばですね、、、
バイナリーオプション,トレンドラインの引き方2
上のチャートでは、オレンジのマルのところで少しヒゲがラインを飛びぬけています。

こういうの見ると初心者の方は、「オレンジのマルのところのヒゲに合わせた方がいいのでは?」なんて思ってしまったりするのですが、このラインはもともと下に引いてあるトレンドラインを上にずらしたものです。

なのでね、、多少ははみ出すんです。

多少はですね、はみ出しても、その後ちゃんと戻っているのなら、「このラインは効いている!」って思っていいでしょう。

真面目に手法を勉強する方に限ってドンピシャに効くラインを探してしまうんですよね。

でもね、、、、

「多少アバウトに考えられる方の方がライントレードを理解している」

ことが多いんですよね。

だからですね、「ラインを少し超えたところでエントリーする」くらいのアバウトな感覚がバイナリーオプションで勝つためには必要です。

この感覚は凄く重要ですから身につけて下さいね。

トレンドラインは、まず、、、
LOWエントリーするなら谷に引く!
HIGHエントリーするなら山に引く!


為替相場っていうのは、例えば上昇トレンドでも、、、

「大きく上がって少し下がって、また大きく上がって少し下がって」

を繰り返して上がっていきます。

つまりは、大きな山と小さな谷を作って上がっていくんです。
バイナリーオプション,トレンドラインの引き方3
こういうトレンドがでてる時って、トレンドラインを引くと相場が凄くわかりやすくなったりするんですが、一般的に初心者がトレンドラインを引いてエントリーをする時って、谷と谷を結んで、またそこまで下がってきた時にHIGHエントリーしか考えないんです。
バイナリーオプション,トレンドラインの引き方4

これね、、、けっこう裏切られちゃうんですよ!

勿論ね、こういうところで僕もエントリーしたりはするんですが、こういうところよりもね、、、

「谷と谷を結んだトレンドラインのチャネルラインでLOWエントリー」

を狙ったトレードの方が多いんです。
バイナリーオプション,トレンドラインの引き方5
これなんでかというとですね、為替トレーダーになったつもりで考えればわかるんです。

例えばですね、ドル円が上の図のようにチャネルを作りながら上がっていってるとするでしょ。

この時ドルを既に買ってる人達はチャネルの範囲にいれば安心で、時間と共にドルは上がっていくと考えますよね。

だからね、無理に買い仕掛けとか入りづらいわけです。

しかもね、右肩上がりで上がっているんですから、チャネルの上の方のラインを上抜けるってことは、そうとうなパワーがいるわけです。

また、チャネルの上のラインは既にドル買ってる人達の利確ポイントにもなりやすかったりします。

それにね、、、、

「チャネルを抜ければブレイクだ! 仕掛けて儲けてやる!」

って企む輩がでてきたら、買いか売りかどっちが儲け易いと考えるでしょうか?

右肩上がりのチャネルの下のラインを下抜けさせてやる!って考えないでしょうか?

仕掛けるなら絶対その方が楽なはずなんです。

だからね、僕はいくら上昇トレンドでもチャネルの下のラインでHIGHとかやらないんです。
(ライン際のローソクの動き見て入る時もありますが、、)

つまりね、右肩上がりのチャネルならLOW,右肩下がりのチャネルならHIGHを狙ってるんです。

これね、完全な逆張り思考だから、順張り派の人には反感買いそうですが、実際チャートを見てみるとこっちの方が勝率が高いんです。

もし、僕が順張りするなら、右肩上がりのチャネルを下抜けた際にLOWでついていくって感じです。

必ず山と山、谷と谷の角度をチェックする!


じゃぁ、実際にチャートにトレンドラインを引いて説明していきます。

用いるチャートは6月8日のドル円5分足です。

あっ、そうそう、、皆さんもご自分のチャートで必ず引いてみて確かめて下さいね。

これ読んだだけでわかったつもりになってはダメですよ。
バイナリーオプション,トレンドラインの引き方6
↑ 2016.06.08のドル円5分足チャート。

では、上のチャートにトレンドラインを引いていきます。

まずは、とにかく「山と山」、「谷と谷」ができたらトレンドラインで結びます。

とりあえず、山と山を結んでみました。
バイナリーオプション,トレンドラインの引き方7
青①と青②を結んでやると、オレンジ③でちゃんと反応してくれてますね。

この時点で、為替トレーダーに、このトレンドラインは意識されます。

でも、紫で「ダマシ」と書いてあるところでははみ出してしまっていて、もしラインタッチでLOWしてしまったら負けていたと思います。

でも、その後、オレンジの④のところではキレイに反応してくれていて、LOWエントリーしていれば勝っています。

この違いは何でしょうか?

答えは谷の部分にあります。
バイナリーオプション,トレンドラインの引き方8
上のチャートには青の右肩上がりのトレンドラインが引いてあります。

っていうか引けちゃうんですよね。

つまり、紫の「ダマシ」の部分は谷が右肩上がりで来た状態でのトレンドラインタッチなわけです。

言ってみれば、上目線のトレーダーと下目線のトレーダーが交錯するところなんです。

しかし、オレンジの④のところはどうかっていうと、オレンジのマルが3つある⑧のところで右肩下がりのチャネルラインが引けた後のタッチなのでキレイに反応してくれているのだと思います。
(最初に引いた右肩下がりのトレンドラインを平行に青⑥に持って来ればチャネルが引けます。)

変な言い方になりますが、この場合は右肩下がりのチャネルラインでちゃんとサポートされたから、④のラインのところではちゃんとレジスタンスされたってことになるんです。

つまりはですね、何が言いたいかっていうと、、、、、

上がってきたところをLOWエントリーする際には、その前の谷の部分がちゃんと切り下がっているかってことを確かめてやらなければダメってことです。

また、⑦のマルのところは右肩上がりのトレンドラインを下抜けた後の「裏タッチ」となり、けっこう美味しいエントリーポイントであります。

ここが僕の言う順張り的なエントリーポイントです。

つまりは、ラインをブレイクしたらすぐついていくのではなく、ちゃんとブレイクした後、またラインまで戻ってきたところを叩くってやり方です。

トレンドラインを使ってエントリーするなら
とにかく、これだけは理解して下さい!


トレンドラインを引くのは初心者の方でも簡単ですよね!

だって、高値と高値(山と山)、安値と安値(谷と谷)を結ぶだけですから、、、。

でもね、山と山を結んだトレンドラインでLOWエントリーする際は谷と谷がちゃんと切り下がっているのか!

また、逆で、谷と谷を結んだラインでHIGHエントリーするなら山と山がちゃんと切り上がっているか!

を確かめて欲しいのです。

*トレンドラインについてはこの記事だけでは語りきれません。
(すっかり朝になってしまったので一旦終わります。)

トレンドラインの引き方②でまた詳しく説明したいと思います。

今日は日曜日だからチャート検証される方も多いでしょう。

まずは、ご自分のチャート(6月8日のドル円5分足)で上記のところをチェックして下さい。

②はなるべく早くアップします。

トレンドラインを使ってのエントリーはけっこう勝てますから、初心者の方も是非勉強してみて下さい。 



*ブログ村に変えました。
応援クリックお願いします。

あなたのクリックが、アフィリブログから初心者を守ります! 


<ブログ村バイナリーオプション参加中!!>

下のバナーをポチッとしていただけたら幸いです。

にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ
にほんブログ村 


<僕が使っているバイナリーオプション業者は!>