チャートの波(値幅)の大きさを把握しておこう!


久しぶりのブログ更新になります。

最近はメール配信の方が忙しくて、なかなかブログを更新できません。

メール配信の方は、FXばかりやっているのですが、エントリー報告や僕自身のトレード解説、手法の解説などいろいろ配信してます(役に立ってるかはわからないけど)。

今日は楽して最近撮った自分のトレード動画とかを羅列します。
(見たことあるものばかりかもしれません。)




僕の最近のFXの手法はシンプルで、

・15分足の期間8のRSIの70%以上、30%以下になるのを待つ。

・70%以上のところで、1分足で切り上げラインができるのを待ち、下回ったらショート。

・30%以下のところで、1分足で切り下げラインができるのを待ち、上回ったらロング。

というものです。 

バイナリーオプションでもね、1分とかだときついんだけど、3分以上の取引とかだったら使えると思ってます。

難しいのがね、やっぱり「切り上げ・切り下げライン」の引き方。

それとね、値幅の把握。

バイナリーオプションで使う場合は値幅の把握はあまりしなくてもいいんだけど、FXだとチャートって自動的に相場の値幅の大きさに合わせて調整しちゃうから、エントリーして自分のエントリー方向にけっこう動いても、「あれ? これしか儲かってないの?」とか、エントリー方向と逆いった場合、「えっ? もうこんなに損失抱えてんの?」なんてことになるのね。

チャートって上がったり下がったりの波を作るでしょ。

その波の値幅ってものをコマめに計っとくことが大切なんですよ。

RSIとかボリンジャーとかストキャスとかが、例え「買われ過ぎ・売られ過ぎ」を示していても、例えばね、値幅の小さい下降トレンドがダラダラと長く続いた後にポーンと買われて上がったら、それらのインジは買われ過ぎを示しちゃうのね。

でも、もともと値幅の小さい、ダラダラと時間ばかりかかった下降の動きに対しての「買われ過ぎ」のサインだから、本当は全然買われ過ぎじゃないのです。

だからね、そういうのに騙されないように、一つ一つの波の値幅を把握しとくんです。

波の値幅がね、20PIPSくらいはないと逆張りの場合、「戻って半分!」、「半分とれて上等!」だと僕は思うんでやる気がしない。

初心者の方が勝率が安定しないのは、この「値幅の把握」ができないからだと思います。

大きな値幅の相場って結構ダマシが少なくて、値幅の小さい相場っていうのが曲者だったりします。

昨日は調子よかったのに、今日はトコトン裏目に出ちゃうなんて時は、波の大きさが昨日と今日とでは全然違ってたりしてるかもです。

皆さんも、今の相場の値幅をチェックする癖をつけましょう。 


最近のトレード動画


自分のトレードって録画するといいですよね。

後で見てみるといかに冷静じゃないかがわかります。

今回の並べてる動画のトレードはいいものもあるし、反省しなくてはいけないトレードもあります。

「自分だったらこうするなぁ~。」とか、そんな感じで見てもらえると嬉しいです

10月14日 豪ドルショートの解説動画


50%フィボを使ってのトレードの解説動画です。
FXでも50%フィボはけっこう使えるのですよ。



10月17日 ドル円ショートのボヤキ動画


バイナリーオプションと違って、エントリーしてからのストレスがFXは凄いのです。
ボヤかずにはいられないのです。



10月18日 ポンドドルショート 損切を守れていない、、あなたなら、、。


結果は10PIPS獲れているのですが、最初に決めていた損切りラインを守れていません。
なので、ある意味「悪い見本」の動画になっています。
決済も10PIPSという利益額で決めていますが、実際はその後も下げていっています。
見返してみると、「あるところで一旦損切りし、再度ショートで入るポイント」があります。
また、あるラインを引くと「まだまだ決済するべきではない」ことがわかります。
それをやれば2トレードやって「損少・利大」になります。
あなたなら、、どう考えますか?
10.18の19時くらいのポンドドル見て考えてみて。




10月19日 ポンドドルショート ビビり過ぎなんだよ。


自分で決済ポイントをフィボナッチの38.2%戻しと言っておきながら結局我慢できずに手前で決済してしまってます。
気持ちよくエントリー方向に動いていってくれることは稀。
目標までホールドできるかどうかは、ラインを引き、「ここを抜けたら決済」みたいな目安を持つといい。
あなたならどう目安のラインを引きますか?
10.19の18時くらいのポンドドル見て考えてみて。




10月24日 ポンドドルロング RSIのダイバージェンスも使って!


切り下げラインの上抜けエントリーに加えてRSIのダイバージェンスも参考にエントリーしています。
あまり出てこないのですが、ダイバージェンスってけっこう好きです。
 


10月26日 ユーロドルショート ちゃんと損切れた。


ユーロドルのショートなのですが、一度は利益が出たものの、反転してしまったパターン。
このトレードではちゃんと切れているので、ほぼ建値で決済できています。
一度は利益が乗ると、逆行ってしまった場合、なかなか切れないものです。
僕にしては珍しくちゃんと切れています。
迷わない機械的な損切りって大事。
 



*お詫び

タン塩様、せっかくコメントいただいたのに削除してしまいました。
じつは、コメント欄は間違えて復活させていたのです。
コメント欄を閉鎖したら、タン塩様のコメントも消えてしまいました。
申し訳ありません。
バイナリーはこっそりとやってます。


(公告)こちらからXM口座開設していただきますと、僕からのメール配信サービス中です。
詳しくはメールにてお問い合わせ下さい。 nattoudekenkou@gmail.com